中文简体 中文繁体 English
カレントの位置東北サイト日本語 > 黒竜江省紹介本文
 
地図
 
 
 
 

 中国東北辺境の黒竜江省に、人たちが彼を描くする時に、何時もの悠然又神秘を帯びている意味をして:茫々たる雪の野原、広々果てしない樹海、緑千里の湿地草原、神秘の国鏡川……天然、豪放、古めかしく、奇麗、人の心を引かれる。

 獨特の地域優勢、黒竜江省の面積は46万平方キロあまりで、に人口約3,701万。黒竜江省は東部に黒竜江、ウスリー江を隔ててロシアと相望んで、西部に内豪古自治区と隣にし、南部に吉林省と接する。ロシアと国鏡の長さが3,045キロで、辺境貿易と国際観光業の優勢に恵まれる。

 黒竜江省は多民族の省で、漢族の彼、少数民族の人口が200万人近くいる。満、朝鮮、モンゴル、回、ダフール、オロンチユン、ホジェン、キルギス、エヴェンキなどの少数民族が住んでいる。黒竜江省は中温帯大陸性季風気候で、四季が明らかに分ける。

詳細

 
 
 中国東北辺境の黒竜江省に、人たちが彼を描くする時に、何時もの悠然又神秘を帯びている意味をして:茫々たる雪の野原、広々果てしない樹海、緑千里の湿地草原、神秘の国鏡川……天然、豪放、古めかしく、奇麗、人の心を引かれる。

 黒竜江省と内豪古自治区の間を跨る大興安領山地は、広々として森林に覆われる。小興安領は大興安領隣接して、紅松を多く産出するので、“紅松の故郷”と称えられろ。東南部に又張広才嶺、老爺嶺と完達山等の山地がある。黒竜江省内の森林面積が総面積の42.9%に占めている。西部に位置している松嫩平野と東部の三江平野は、重要な農業牧畜業の地区で、農業観光、湿地観光の地帯になった。

 黒竜江省確認済みの鉱物は131種に達し、埋蔵量確認済みの鉱物は74種ある。石油、グラファイト、ケイ線石、鋳石玄武岩、アスベスト用玄武岩、セメント用大理岩、顔料黄土、火山灰、ガラス用大理岩とカリ長石など10種の鉱物埋蔵量は全国で一位を占めており、石炭埋蔵量は東北の3つの省で1位を占めている。黒竜江省で現在すでに開発利用されている鉱物は39種に達し、さまざまな鉱物の年間生産額は全国で2位を占めている。

 黒竜江省は国の重要なエネルギー工業基地である。1999年の省全体の原炭生産量は6230万トンで、石炭を出荷、輸出する主な省の1つである。電力、ガスも重要な地位を占めている。新中国成立以前、黒竜江省には鏡泊湖水力発電所しかなかった。

 
 
ハルビン市は黒龍江省の省都です。中国東北地方の政治、経済、科学技術、文化、交通の中心で、8区10県(市)*を管轄しています。ハルビンはよく黒龍江省の形を翼を広げた白鳥に見立て、白鳥の...
東北サイト日本語
Copyright © 2001-2008 DBW.CN All Rights Reserved.
このウェブサイトの著作権は東北サイトにあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。