「特集」ノーベル文学賞莫言
 
·莫言の作品中の女性のイメージ
·莫言氏、2012年ノーベル文学賞を受賞
·学閥意識が日本人学者のノーベル賞受賞を阻害
·ノーベル文学賞の行方は?
·莫言 賞金の使い道発言で不動産価格高騰が浮き彫り
·ノーベル賞の莫言氏「賞金では豪邸買えない」
·莫言氏のノーベル文学賞受賞はバランスを考慮
·莫言氏「透明なニンジン」、中国の国語教材に採用
·莫言氏のノーベル賞受賞がA株市場の好材料に
·中国外務省、莫言氏のノーベル文学賞受賞に祝意
たくさん
 
 
『蛙』
莫言のこれまでの小説が空想的な歴史の色彩を重視していたのに比べ、『蛙』は事実に基づく歴史に近づき、村の医者「姑姑」の一生を描いている。「姑姑」の父親は八路軍の軍医で、膠東一帯では評判の医者だった。「姑姑」は父親の跡を受け継ぎ、村で新しい助産の方法を推進した。すぐにこの「産婆」は妊婦たちの心を掴み[more]
『豊乳肥臀』
この小説は母親が苦しみながらも子供を育て上げ、上官金童(主人公)を命のように大事にする物語である。この小説の意味するところは、人間はこの宇宙の中で最も貴重な存在で、命には反駁できない意味があり第一の本質だということ、「種」の繁栄と生殖(即ち上官金童の寵愛の受け方)は圧倒的で、何事にも代え難い意義があるということである[more]
『紅いコーリャン』
『紅いコーリャン』は抗日戦争を背景に、戦争という題材を描いた長編小説である。それまでの抗日戦争を題材とした小説は、正義と悪の強烈な対比や、完璧な正議の愛国心溢れる英雄を描き出すのが普通であったが、この小説は人々に新鮮な感覚を与えた。『紅いコーリャン』の中で描かれた抗日戦争の英雄は、正義と悪の化身であり、独特な『紅いコーリャン』的英雄であり、生き生きとした生命力と人間性に溢れているからである[more]
『白檀の刑』
『白檀の刑』は莫言が五年間、心を打ち込んで完成させた長編新作である。この絶妙でみごとな構成の小説は、1900年にドイツ人が山東省で膠済鉄道を修築したこと、袁世凱が山東の義和団運動を鎮圧したこと、8カ国連合軍が北京を攻め落とし慈喜がパニックになって逃げたことを背景に描かれる。揺れ動く筆運び、悲しみと喜びの激情、遠い将来を見通す思想を用いながら、「高密東北郷」で起こった感動的な農民運動[more]
『司令官の女』
本作は自然主義と現実主義の全面的な融合、熟練した自然な言葉、物語がぼんやりと変化していく想像力に満ち溢れている。また、上品で豊かな文化の詳細な描写は、莫言の小説が他とは異なる芸術的感染力を持つ所以である。どんな題材であろうとも、彼の手から滔々と絶え間なく流れ出る、豊かな言葉たちは彼の登録商標とも言える[more]
『月光斬』
『月光斬』の内容は、恐れと希望、月光斬、大師とのデート、ハンセン病を患う女性の愛人、掛像、大口、大工と犬、焼き餅と花籃閣、倒立、沈園、どんどん面白くなる先生、息子の敵、牛、三十年前の長距離競走の試合、親指銬、小説九段を含む[more]
『酒国』
省人民検察院の特捜偵察員・丁鈎児は命を受け、酒国市の権力者たちが無数の赤ちゃんを食べ殺したという特殊な案件を調査しに行く。しかし酒国市を訪れた人の中で誘惑に絶えられた者はおらず、丁鈎児もまた何度も自分にお酒を飲まないよう言い聞かせたが、最後には酔っ払って便所の中で溺死してしまう[more]
『転生夢現』
 『転生夢現』は中国の古典小説と民間叙事の、偉大なる伝統に敬意を表した大書である。神聖な“認祖帰宗”と呼ばれる儀式を基に、東方の想像力溢れる六道輪廻を全書の行間に隠しながら、農民の命への執着を表す賛歌と悲歌を描き出した。 [more]

 
                                             
東北サイト紹介| 広告サービス| 連絡方法
Copyright ? 2001-2008 DBW.CN All Rights Reserved.
このウェブサイトの著作権は東北サイトにあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。