中文简体 中文繁体 English  Партнеры  한국어  日本語   
  ホーム  行こうよ!黒龍江省  ニュース  特集  動画   歴史と今日  人物  文化  お役立ち情報   美食  旅行   留学  日本語サロン  
・   ハルビン国際ファッションウィークが開幕    ・   2016年中国・亜布力氷雪産業発展国際サミットを1月29日に開催    ・   スノーボードに乗って松花江で凧揚げ    ・   ロシアの彫刻をハルビンで展示    ・   黒竜江省、中韓・中豪の原産地証明書を初めて発行   
  您当前的位置 : 东北网  >  東北サイト日本語  >  ニュース  >  注目ニュース
化粧大国日本、妻のスッピンを見たことない日本人男性
//japanese.dbw.cn  2013-07-15 08:17:34
  写真ニュース
上海ディズニーランド、内部テスト...
世界各地の「童話の村」 日本から...
  黒竜江省
·黒竜江省 渡り鳥が北国の春に彩り添える
·ロシア帆船「パラダ」号大連に到着
·ハルビンで日本の新潟フェス開幕、氷の街に新潟の風が...
·黒竜江省観光が爆発的に成長
·ハルビンの3か所、全世界の傑出観光スポットに選出
·ハルビンの街頭、鮮魚を「茹でて」販売
 

日本の女性の最大の特徴は何か?「メイク好き」と言うのが一つの答えになるかもしれない。日本における女性の化粧には長い歴史があり、おそらくは平安時代から今日まで発展を遂げてきた。日本女性のメイクテクニックは世界でもトップクラスではないだろうか。歩いていても、電車の中でも、車を運転していても、どこでもメイクをする手を止めることはない。

日本ではプールでも、女性はメイクしたままである。結婚しても奥さんのスッピンを一生見ることがない日本男性もいるほどだ。奥さんは旦那さんが寝静まった後にメイクを落とし、旦那さんが起きる前にメイクをする。これが日本人女性なのである。常に真実の姿を見せることはなく、自分が丁寧に作り上げた姿で生きていく。それはまるで日本庭園のように、非常にきれいだが、どこか真実味に欠けている。

どうして、日本の女性はメイクが好きなのだろうか。それは男性社会で生きていくために、男性に好かれる必要があるからだろうか。しかし、歴史を見てみると、化粧文化が盛んな社会は往々にして女性が強い力を握っていることが多い。中国の唐の時代がその一つの例であり、イギリスのヴィクトリア朝やフランスの18世紀も同様である。

日本は特殊な例である。日本の女性の化粧文化の繁栄は時代を問わず、平安時代の貴族から江戸時代に盛んだった芸妓、そして現代の女性に至るまで、変わらず続いてきた。その上、女性運動に関しても、日本は特殊である。世界ではどこの国でも女性の権利を主張する運動が起こっており、中国でもいつの日からか女性が男性と同等の権力を握るようになった。しかし、日本の女性が男性との平等な地位をめぐって、大々的に権利を主張するような動きはなかったのではないだろうか。その上、日本の女性の性に対する開放度は世界でも高いほうで、男性社会の中ではなかなか想像できない現象であり、実に不思議である。

世界の女性が男性と繰り返し争ってきたのは、労働における平等な機会である。一方、日本の女性がそのような権利のために争うことはない。彼女たちは家で夫の世話をし、外で一生懸命働いてお金を稼いで来てくれるのを待っている。日本の女性の地位は、日本の社会をよく理解していない人が思うほど低いものではなく、アジアの伝統的な社会においては高いほうであると言えよう。

日本人と中国人が話していると、お見合いをしているように見えるかもしれない。中国人が高圧的な態度で大げさに威張りちらす一方、日本人は居住まい正しく、きめ細やかな態度を取る女性のように、静かに一言も口を挟まずに話を最後まで聞きいている。心の奥底で何を考えているのかを知ることは永遠にできない。それはまるでメイクの下に隠された日本人女性の素顔のようである。

「中国網日本語版(チャイナネット)」 

編集者:寧顕剛
もっと
 
関連記事:
· 日本全国の毎月のセックス回数が明らかに、佐賀県がトップで大阪府がビリ?
· 対外経済貿易大学、国際校友会日本会が発足
· 東風日産 上半期の中国販売が日本車でトップに
· 日本のソフトバンク 米携帯電話3位を買収
· 日本を放任する米国よ、パールハーバーを忘れるな
  写真ニュース
上海ディズニーランド、内部テスト...
世界各地の「童話の村」 日本から...
ミス・グローバルシティ 美女が傘...
哪吒のような髪型が大人気!
  動画
· 「アニメで読み解く十三五計画」が正式発表
· 2016年の全国両会プレスセンターが正式に始動
· 日本の「忍者の日」、忍者に扮して勤務する役所も
· 「春節祭」が日本の地方都市の「風物詩」に
· 少女が「無重力」ダンスに挑戦 空中で華麗な舞を披露
· よだれが止まらない!各地の年越し料理を特集
· 日本の若い女性は寒さを知らない?
 
  お役立ち情報
· 中国の税制改革、「営業税」から「増値税」への移行は正しい=海外メディア
· 自動車産業のR&D支出、中国が世界4位に浮上
· 海外市場開拓、中国の輸出企業は「スマート化」で攻勢
· 契約調印プロジェクト投資総額約90億元 海峡両岸機械電子商品交易会閉幕
· 中国自動車市場に春到来 3月は生産販売ともに増加
· 中国VR産業、技術力とコンテンツ不足が問題に
· ミャンマー経済特区付近に中国企業が製油所を建設へ 日本企業にショックが走る
  ニュースランキング
世界の性転換者、女性顔負けの美しさ
長安の無人車走行テスト、平原地区を...
熊本地震で被災した中国人救助に感謝...
震災の試練を迎えた安倍内閣、TPP審議...
南京市の麦畑、二匹の竜が戯れる
40歳の林心如、「アンチエイジングの...
中国経済、安定的な成長段階に 消費...
契約調印プロジェクト投資総額約90...
安徽省の大別山 春の雰囲気に包まれる
王毅外交部長、ロシア訪問、中ロ印外...
  人物
「社会」電車・バスで見かけた不思...
「俳優」劉亦菲の写真 セクシーな...
「俳優」劉雨欣の春日写真集が発表され
「俳優」中日韓スターの美しく可愛...
「俳優」女優穎兒の清純さ溢れる写...
「俳優」スーパー小顔の女性芸能人...
「俳優」清純派少女梁雪霏 春の美...
「俳優」中日韓の「暖男」 ソン・...
「俳優」呉奇隆と劉詩詩、最新の結...
「俳優」スター武田玲奈 セクシー...
  旅行
· 日本観光で買うべき物 銀座名店新作や隠れ手土産10選
· ツキノワグマの赤ちゃん、観光客に可愛い姿を見せる 青海省
· 桃源郷さながら、杏の花が満開 新疆パミール高原
· ロシア動物園 双子のホッキョクグマが飼育員に甘える
· 日本の「猫の島」、観光客が殺到し現地人がため息
· 江西省のキャンパス内、満開の桜が散る
· 雲南省の梅里雪山 「太陽と月が同時に輝く」珍しい景色
· 中国の花の名所、清明節休暇期間に見ごろを迎える
· 浙江省仙居県で桃の花が咲く 上空から見ると絶景
· 四川省ケン為県の蒸気機関車 「春に向かう列車」
東北サイト日本語-东北网
Copyright © 2001-2008 DBW.CN All Rights Reserved.
このウェブサイトの著作権は東北サイトにあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。