中文简体 中文繁体 English  Партнеры  한국어  日本語   
  ホーム  行こうよ!黒龍江省  ニュース  特集  動画   歴史と今日  人物  文化  お役立つ情報   美食  旅行   留学  日本語サロン  
・   黒竜江省、EMS代行通関検査輸出入料が廃止    ・   黒竜江省、三十の重点産業チェーンを推進    ・   300種類以上の「竜江緑」が香港で大人気に    ・   黒竜江省、外資導入で現代化の牧畜産業を発展    ・   ハルビンから上海など行きの航空券、70%オフ以下に   
  カレントの位置東北サイト日本語 > 写真ニュース本文
ディスプレイ機能付の銀聯カードが発表
http://japanese.dbw.cn   2013-09-28 17:25:34
  写真ニュース
「馬の上」で春節を迎え
寒くてもお笑いが重要!冬の面白い...
  黒竜江省
·「厳寒」の彫刻家
·ハルビンにクマ「出没」
·第28回中国ハルビン氷彫刻大会が閉幕(写真集)
·「氷城」ハルビン、「街一面の氷景色」を作る
·氷雪を鑑賞、新年を過ごす
·ハルビン太陽島「雪博会」が開幕
 

多額の振替を行う際は、ワンタイムパスワードが生成され、ディスプレイ上に表示される。電源ボタンを軽く押せば残高が表示される。

「取引明細」を押せば、最近の取引記録を素早く検索できる。電源ボタンを軽く押し、「残高」ボタンに軽く触れれば、電子現金残高が表示される。

 中国銀聯は24日、電子表示機能を備えた銀聯カード「可視銀聯カード」を発表した。この技術を応用した銀聯デビットカードと銀聯クレジットカードを、交通銀行と中国建設銀行がそれぞれ発行する。「可視銀聯カード」は先進的な電子ペーパー技術を採用。カード上に電子現金残高、取引記録、ポイント獲得数などの情報を表示できる。

 ICチップを搭載し、先進の偽造防止機能を備え、安全性が向上している。個人情報は表示されず、カード保有者のプライバシーが守られる。非接触型決済を含め、中国のほぼ全てのATMやPOSで使用できる。

 「人民網日本語版」

編集者: 寧顕剛
もっと
 
関連記事:
·新ディスプレイ技術 コンタクトレンズへの導入
·「鋭拓」が、上海万博ディスプレイ項目の協賛企業に
  写真ニュース
「馬の上」で春節を迎え
寒くてもお笑いが重要!冬の面白い...
仲睦まじいイヌたちの写真が話題に
春節間近の北京 オフィス街の人影...
  動画
· 台湾 「円仔」のデザインのちょうちんを発売
· 米国務副長官 日本に隣国との関係改善呼びかけ
· 日中友好協会、安倍首相の靖国参拝に反対決議
· 観光シーズンを迎える海南島
· 様々な年末のボーナス 住宅からセロリまで
· 上海 ディズニーランド建設予定地でミッキーとミニーが新年を祝う
· シドニー 龍舞で午年を迎えるイベント
 
  お役立ち情報
· 世界オンライン教育大手企業、相次いで事業規模を拡大
· 円安が輸出拡大につながらず 貿易赤字も記録を再更新
· 中国自動車市場の低成長が予想 
· 日本 貿易赤字を更新 2013年
· ネット企業、春節中に「パケット代無料」サービスを試行
· 2013年、飛躍的に発展したモバイル広告市場
· 蘇寧が満座網を買収 ネット上の版図拡大へ
  ニュースランキング
小栗旬为《多啦A梦》电影反派配音(图)
日本女大学生选美赛夺冠 网友:丑哭了
線路に落ちた男性を救った中国の若者...
円安が輸出拡大につながらず 貿易赤字...
世界オンライン教育大手企業、相次い...
「馬の上」で春節を迎え
「俳優」徐若瑄がシンガポールの実業...
2014ミス・チャイニーズ・インターナ...
成都 「人日福娃」が杜甫草堂に登場
「特集」2014年、中国午年の春節
  人物
「俳優」愛情たっぷり!王力宏が妻と...
「俳優」カナダ人美女が寝室を初公開
「社会」「春運」大きな荷物を抱え...
「俳優」陳奕迅が英国の母校で名誉...
「社会」合法的に銃を所持する米国...
「体育」李娜選手 海辺で優勝トロフ...
「俳優」俳優何潤東が年末恒例の慈...
「社会」日本の「童顔美魔女」の秘密
「社会」コンパニオン美人医師の制...
「俳優」張亮、MFW最優秀男性ファッ...
  旅行
· 北京 新春を迎える廟会の準備
· 2014年四川徳陽第11回灯会が開幕
· 世界の目がくらむような展望台トップ20
· 心を和ます風景写真「富士山百景」
· 北京大栅欄で「小年」を祝う
· 吉林省の美しい樹氷の風景
· 息を呑むような2013年の最もきれいな旅行写真
· 北京 冬の夕焼け空
· 楽しい氷雪シーズン、素晴らしい黒竜江
· 中国の北の雪国夜景
東北サイト日本語
Copyright © 2001-2008 DBW.CN All Rights Reserved.
このウェブサイトの著作権は東北サイトにあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。