中文简体 中文繁体 English  Партнеры  한국어  日本語   
  ホーム  行こうよ!黒龍江省  ニュース  特集  動画   歴史と今日  人物  文化  お役立ち情報   美食  旅行   留学  日本語サロン  
・   ハルビン国際ファッションウィークが開幕    ・   2016年中国・亜布力氷雪産業発展国際サミットを1月29日に開催    ・   スノーボードに乗って松花江で凧揚げ    ・   ロシアの彫刻をハルビンで展示    ・   黒竜江省、中韓・中豪の原産地証明書を初めて発行   
  カレントの位置東北サイト日本語 > 行こうよ!黒龍江省 > 娯楽本文
第10回黒竜江文化産業博覧会が8月21日に開幕
http://japanese.dbw.cn   2015-08-07 10:55:58
  写真ニュース
『ナショナル・ジオグラフィック・...
イギリスの手押し車レース 選手が...
  黒竜江省
·上半期、黒竜江省検疫検査の貨物価格が51億ドルを超える
·上半期、ハルビン市の輸出入総額が21.99億ドルに
·2015年黒竜江緑博覧会が9月に開催
·高齢の日本人が中国東北地方を自転車で走る、69年前の...
·綏芬河港、1000万ドルの貨物を越境輸送で韓国に輸出
·大盛況のハルビン「ストリート音楽祭」
 

 第10回中国黒竜江文化産業博覧会が8月21日から25日にかけてハルビン国際会議センターで開かれる。展示面積は4.8万平方メートル、国際ブースは1700スペース、出展メーカーは1000社以上にのぼり、韓国、タイ、ミャンマー、台湾、香港などの国や地域及び中国の30省市の特色ある工芸美術品などが15万点以上展示される。

 「東北サイト日本語」

編集者: 寧顕剛
もっと
 
関連記事:
·上半期、黒竜江省検疫検査の貨物価格が51億ドルを超える
·2015年黒竜江緑博覧会が9月に開催
·黒竜江省、「インターネット+流通」行動計画を実施
·黒竜江省、5つのロシアEコマース海外倉庫建設を促進
·黒竜江省初の株取引センターが誕生
  写真ニュース
『ナショナル・ジオグラフィック・...
イギリスの手押し車レース 選手が...
野生動物の真実の世界を撮影したカ...
軍事パレードの女性兵士 最も美し...
  動画
· 「抗戦老兵らの声に耳を傾け」
· 世界で唯一の三つ子のパンダが一歳を迎える
· 日本の市民団体が南京大虐殺の歴史勉強会を開催
· 胡同に魅せられたフリーライターの多田麻美さん
· 習近平主席の外遊報道に「萌え」モデル
· 住民が餃子を作っている最中に、ベランダが丸ごと落下
· 光と闇--ドイツと日本の世界大戦反省録(一)
 
  お役立ち情報
· 女性が日本経済を救う?政治ゲームでは解決不可能
· 人民元は年内にSDR採用か レートの安定が後押し
· 微信ビジネス「評価しない」が5割 価格的強みなし
· 青島で国境を越えた通販の直接販売ルートが始動
· 日本の環境産業が急速に発展
· 中国中車 香港地下鉄プロジェクト受注 株主に変更
· 「農地」第一弾が8月末に市場化、競売へ
  ニュースランキング
中国人が一番行きたい世界の観光地は?
網易と三井物産が提携 日本の商品を2...
想像力の塊 アーティストが描く実写...
「俳優」山本美月のうさぎの耳をつけ...
风光无限:日本各地花海惊艳绽放
猛暑の日本に出かける中国国民に注意...
米国が日本を盗聴した理由とは?
現実版「人魚」 水中を自由に遊泳
訪日客急増でサービスが追いつかない...
7月、トヨタの中国新車販売が23.7%増
  人物
「俳優」山本美月のうさぎの耳をつ...
「俳優」『偶像来了』の女神の修正...
「俳優」林志玲が雰囲気溢れるレト...
「俳優」女神10人が雑誌の表紙に登場
「俳優」徐嬌、妖精の格好がかわい...
「俳優」ベラルーシの美女トップ24...
「体育」女子サッカーGKが『男人装...
「体育」孫楊選手、男子400メートル...
「体育」世界で最もセクシーな女性...
「俳優」オデコを出す勇気があって...
  旅行
· 中国人が一番行きたい世界の観光地は?
· メディアが選出した米国の最も美しい灯台
· 世界各国の独特なデザインのホテルのプール
· 驚くべき米国の史跡13ヶ所
· 中国一寒い町、避暑の観光ブームを迎える
· 真夏の草原の美
· 世界の美しい自然保護区トップ10
· 「南西シルクロード」の風情 雲南省騰沖の和順
· 露メディアが選んだ世界で最も美しい海岸10選
· 菜の花の香り漂う山あい チベット
東北サイト日本語
Copyright © 2001-2008 DBW.CN All Rights Reserved.
このウェブサイトの著作権は東北サイトにあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。