中文简体 中文繁体 English  Партнеры  한국어  日本語   
  ホーム  行こうよ!黒龍江省  ニュース  特集  動画   歴史と今日  人物  文化  お役立ち情報   美食  旅行   留学  日本語サロン  
・   ハルビン国際ファッションウィークが開幕    ・   2016年中国・亜布力氷雪産業発展国際サミットを1月29日に開催    ・   スノーボードに乗って松花江で凧揚げ    ・   ロシアの彫刻をハルビンで展示    ・   黒竜江省、中韓・中豪の原産地証明書を初めて発行   
  カレントの位置中国·东北网 > 東北サイト日本語 > ニュース > 注目ニュース本文
中日関係の「スモッグ」、解消に向けた対策は?
http://japanese.dbw.cn   2016-01-26 08:54:19
  写真ニュース
今から発売が待ちきれない「2016ハ...
実在するはずない! アニメに登場...
  黒竜江省
·ハルビン市の婦人警官、零下30度の中で勤務
·黒竜江省、クロスボーダー電子商取引のトップに
·黒竜江省、中韓・中豪の原産地証明書を初めて発行
·ハルビン国際ファッションウィークが開幕
·2016年中国・亜布力氷雪産業発展国際サミットを1月29日...
·スノーボードに乗って松花江で凧揚げ
 

 現在の中日関係は、人々が注目する大気汚染現象「スモッグ」によって例えられる。この関係は見通しが悪く、人々に懸念されている。こうなってしまった原因については、さまざまな争点が提示されている。中日両国は相手国に対して、やや偏った観点を持っている。例えば日本では「中国脅威論」「中国崩壊論」などが流行している。中国にとっては、日本に対する次のいくつかの観点について確認する必要がある。さもなくば、中日の戦略対話は、さらに対立を続ける可能性がある。

 ◇客観的な現実と主観的な願いの二極化

 (一)日本が軍国主義を復活させると考えるか、日本が軍国主義を復活させなければ大丈夫だと考える。現代の日本が、戦前の軍国主義という古い道に戻るのは難しい。これは日本国民が絶対に認めないからであり、また仮にその道に戻ったとしても惨敗に終わり、有害無益であるからだ。しかし同時に、日本には確かに「負のエネルギー」が集まっており、これが放出されれば中国の国家安全を損ねることになる。日本の右派代表格の一部が、すでに指導部に入っている。彼らは実際に右傾化の大国路線を推進しており、政治・法律・軍事・輿論などの各分野で戦後の日本国憲法の規制から全面的に脱却し、ポツダム宣言などの国際法によって形成された戦後レジームを打破しようとしている。これは必然的に、日本とアジアの隣国の関係に影響を及ぼす。例えば日本の当局者の歴史観・戦争観は、靖国神社、南京大虐殺、台湾問題など一連の問題において、隣国に懸念される言行を見せている。

 (二)日本がいわゆる「正常な国」に向かっており、これを阻止することはできないと考える。一部の人は安倍首相による改憲の取り組みを、「アベノ国家正常化戦略」と呼び、さらには日本に存在する危険な傾向を「正常な国の軍事的状態を取り戻す働きかけ」と呼んでいる。このような観点は日本の実情に合致せず、日本国の動向に対する認識を自らミスリードする可能性もある。

 日本語や日本の紙メディアには、「正常国家」という言葉が存在しない。日本の政治家、小沢一郎氏は20数年前に著書『日本改造計画』の中で、「普通の国」という言葉を使った。この言葉は英語で「Normal Country」、中国語で「正常国家」と翻訳された。その内容とニュアンスは、本来の日本語から乖離している。そのため中国人は日本に懸念を表しているが、欧米人は「Normal Country」をそれほど懸念する必要はないと考えている。慶応大学の添谷芳秀教授(法学)は、「普通の国は日本の軍事化を意味するという説は、日本人の考えとは完全に異なる。周辺諸国の意識にある普通の国について、大半の日本人は言及したことがない」と指摘した。

 戦後の日本は平和憲法の枠組み内で平和的な発展の道を歩んだが、これはまさに正常な国になるための歩みだ。もし政治大国や軍事大国になれず、海外派兵できなければ「正常な国」ではないと言うならば、世界の多くの国は「正常な国」とは言いがたいだろう。安倍首相が「正常な国」を求めるのは、最終的に米国から脱却するためだとする人もいるが、実際には安倍首相は日米同盟の強化を続けている。

 (三)日本の首相は国会議員が選出し、国会議員は日本国民が選出するため、日本社会全体が右傾化していると考える。この観点には、日本の有権者が熟考する価値がある。しかし一部の有権者が異なる立場を持ち、首相の靖国参拝を支持していないことにも注目が必要だ。多くの日本国民は現在も、安保関連法案に強く反対し、憲法9条の改定に反対している。日本全体が闇に包まれているわけではなく、すべての日本人を同列視できないことが分かる。

 

 

 [1] [2] 下へ
編集者: 寧顕剛
もっと
 
関連記事:
·G20とAPEC、中日関係の試金石に
·中日関係、転換点を迎える
·中日関係の改善と発展、地域的な視野を=傅瑩氏
·中国外文局の周明偉局長 「友好交流は依然として中日関係の主旋律」
·中日関係 全面改善の臨界点にまだ達していない=呉寄南氏
  写真ニュース
今から発売が待ちきれない「2016ハ...
実在するはずない! アニメに登場...
いくつ知ってる? サルの仲間たち
日本の新作スカート アニメヒロイ...
  動画
· 風変わりなファッションが日本席巻、全身タイツでストレス解消
· 南京の学生が折り紙でアイデアあふれる数々の作品作る
· 日本で新春書道大会開催 3千人が筆とる
· 有名な「猫バス列車」が台湾に登場
· 美を追求する英国男性、平均お出かけ準備時間は85分
· 2015年、世界で最も住みやすい都市の1位に東京
· 福州大学の学生が「期末テスト対策の神器」を発明、アプリで過去問閲覧
 
  お役立ち情報
· 2015年の10大経済データから何を読み取るか
· 大陸部のぜいたく品消費 昨年も減少
· 正月用品の買い物シーズンに大寒波 宅配は大丈夫?
· 北京の映画興行収入31.5億元 年3回で全国一
· 12月の輸出入好転に3つの原因 商務部
· 2015年の中国消費市場は「平穏」「前低後高」
· 貿易救済調査と金額が減少、貿易摩擦は緩和せず
  ニュースランキング
「俳優」新垣結衣の新しい写真が公開
「社会」世界各地のおしゃれ女性
各国の空飛ぶ達人、地球の引力に逆らう
日本の「零戦」が復活、中国侵略戦争...
スマート移動報告、最渋滞都市は北京...
2015年全国CPI上昇率ランキング公開
大陸部のぜいたく品消費 昨年も減少
日本の新作スカート アニメヒロイン...
零下40度の大興安嶺 林海と雪原が広...
日本保育園の真冬日「裸のマラソン大...
  人物
「社会」世界各地のおしゃれ女性
「俳優」新垣結衣の新しい写真が公開
「俳優」SNH48の費沁源が日本で人気
「俳優」女優董潔の新年ストリート...
「体育」劉翔が恋人とのツーショッ...
「俳優」時間経つほど若く見える女...
「俳優」美人キャスター、美しい容...
「社会」45カ国の女性、多元的な美...
「俳優」孫儷が「紅秀Grazia」の表...
「体育」中国のウィンタースポーツ...
  旅行
· 開花した梅の花が冬の日に香る 雲南省
· 中国の観光投資、2015年は42%増で1兆元超え
· 美しい樹氷の景色に続々と集まる観光客 江西省
· 安徽省の花びら温泉
· 絵のように美しい雲南の棚田
· 天山の麓につらら、まるで伝説の世界 新疆
· 寒冷地に美しい樹氷が出現 吉林省
· 2016年に行くべき、8カ所の観光地
· 新疆に降り続く雪、最も美しい景色を迎えた禾木
· 元旦3連休に5万人以上が兵馬俑を見学
東北サイト日本語
Copyright © 2001-2008 DBW.CN All Rights Reserved.
このウェブサイトの著作権は東北サイトにあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。