中文简体 中文繁体 English  Партнеры  한국어  日本語   
  ホーム  行こうよ!黒龍江省  ニュース  特集  動画   歴史と今日  人物  文化  お役立ち情報   美食  旅行   留学  日本語サロン  
・   ハルビン国際ファッションウィークが開幕    ・   2016年中国・亜布力氷雪産業発展国際サミットを1月29日に開催    ・   スノーボードに乗って松花江で凧揚げ    ・   ロシアの彫刻をハルビンで展示    ・   黒竜江省、中韓・中豪の原産地証明書を初めて発行   
  カレントの位置中国·东北网 > 東北サイト日本語 > 旅行 > 旅游新闻本文
日本の「猫の島」、観光客が殺到し現地人がため息
http://japanese.dbw.cn   2016-04-08 10:43:39
  写真ニュース
必笑! 間抜けな人たち
本物の美魔女!30歳過ぎでも相変わ...
  黒竜江省
·ロシア帆船「パラダ」号大連に到着
·ハルビンで日本の新潟フェス開幕、氷の街に新潟の風が...
·黒竜江省観光が爆発的に成長
·ハルビンの3か所、全世界の傑出観光スポットに選出
·ハルビンの街頭、鮮魚を「茹でて」販売
·ハルビン欧州国際貨物列車、黒竜江省の世界への扉を開く
 

 福岡県の北西に船で約20分の距離にある相島は、静かな漁村だった。常住している“住民”は280人と、約100匹の猫だ。普段は釣りの愛好家を除き、ほとんど訪れる人のいない島だった。ところが米CNNが2013年に“猫の天国”“猫好き必見の6大聖地の一つ”と報じると、相島は多くの観光客を迎えるようになった。猫好きの人、子連れの家族、さらには遠路はるばる聖地を“巡業”に来た外国人客などだ。

 46歳の住民は、“休日にはフェリーを増発しなければ、観光客の需要を満たせない。実に変化が激しい”と話した。おとなしい猫たちは、観光客に忘れがたい印象を残している。26歳の学生は共同通信のインタビューに対して、“どの猫も友好的で、人と遊びたがる。ここはとても楽しい場所だ”と述べた。

 観光業により島の経済が発展したが、多くの現地人が不満を漏らしている。観光客の激増により生活に影響が及んでいる。一部の人はゴミをポイ捨てし、猫に勝手に餌をあげ健康を損ねている。島民は日本語・英語・韓国語の看板で、観光客に注意を促さざるを得なくなった。現地の観光業の関係者は、“島民、猫、観光客が平和的に共生し、相手の生活を妨げないことを願う”と話した。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」

編集者: Чжан Жуй
もっと
 
関連記事:
·韓国、中国人観光客に「炊飯器購入でお米贈呈」作戦展開
·中国人観光客に人気なのはどのブランドか?
·60万株のチューリップが開花、観光客が殺到
·陽春の3月 重慶のアブラナ畑が観光客を魅了
·ロマンティックな満開の桜に観光客らが集まる 福州市
  写真ニュース
必笑! 間抜けな人たち
本物の美魔女!30歳過ぎでも相変わ...
新木優子の爽やか写真 ピュアで可...
春らしい! 米企業が